保険に入った方が良いかどうかと聞かれると保障の必要がないと言いながらも、 病気等のことを考えると出来れば入っておいたほうが良いのではと思います。

若いから出来るということで言うと例えば、

医療保険(掛け捨て)と終身保険(積立)を組みあせて契約すると 60歳までに医療保険を払いきって終身の保障を買って 積立部分で70~80%は戻ってくるなっていう組み合わせも可能だと思います もちろん終身を厚くすれば積立金が支払を上回ることもあります

なので「保険は若いうちに検討しよう!」とも言われます。 女性のための医療保険も大事ですね。 まあ別に共済でもいいと思うんですが、65歳あたりから保障がぐっと薄くなりますからね。

誤解の内容に加えますが、このタイプの契約をした方ば良いということではありません。 いろんな選択肢を検討した上で結局はご自身で決断なさることでしょう